尿路結石のケアはキャットフードを考えよう


尿路結石は猫がかかりやすい病気の一つと言われています。猫を飼っている人はこの尿路結石について知りたい方も多いのではないでしょうか。愛猫が健康的に生活するためにも知っておきたいことなのでまずは尿路結石について説明します。

そもそも尿路結石とは腎臓、膀胱、尿道に結石ができてしまう病気で、この結石が膀胱や尿道などを傷つけてしまい、症状が重症化すると尿道を詰まらせてしまう可能性もあるので厄介です。結石と言っても種類は二つあると言われており、その一つは尿がアルカリ性に傾くときにできるストルバイト、もう一つは酸性に傾くときにできるシュウ酸カルシウムです。これらの二つの結石が存在していますが、主にマグネシウムやカルシウム、リンなどのミネラル成分の増加や、尿がアルカリまたは酸性に傾くなどPHのバランスが崩れることによって結石になることもあります。また、猫は犬などに比べると水をあまり飲まないのが特徴的です。水を飲まないことによって尿が濃くなり、それが結石を生成してしまう原因にもなっています。

では、尿路結石とはどんな症状なのかということですが、頻繁にトイレに行くようになりますが尿の量が少なく、尿に血が混じってしまったり、落ち着きがなくトイレ以外の場所で用を足してしまったりすることがあります。症状が悪化すると尿道閉塞などに繫がり、2日以上続くと命に関わるとも言われています。

そういった状況に陥らないように、日頃与えるキャットフードから気を付けることが大切です。